beauty

肌の乾燥を防ぐ方法を考えてみた

肌が乾燥する原因

肌が乾燥する季節といえば、秋~冬にかけての時期です。この季節は特に肌が乾燥しやすくなっております。それは、秋冬の空気とはいつもカラっとしていて、空気中に含まれる水分量がとても少ないのです。湿度計などで見てみるとよくわかるのですが、湿気がないのです。夏場などはその逆に水分量が多すぎてジメジメするので、肌に汗がまとわりつくような不快感を感じるようになるのです。冬場のように湿気がなくなると、空気中から肌にも水分が吸収されず、何も処置しなければ肌はどんどん水分が不足して、まるで肌が砂漠のようにカサカサになっていくのです。そうなると痒みが出て、かいてしまってさらにまた痒くなるという悪循環を繰り返して、不愉快ですし、肌も傷ついてしまって良くないのです。

肌の乾燥を防ぐには

乾燥肌を防ぐには保湿しかありません。秋冬の空気では自然に保湿性されることはまず期待できません。そうなると、自分から進んで肌に潤いを与えてあげなけらばいけません。顔の場合はとくに繊細ですので、洗顔後、または入浴後には保湿ローションを塗ってあげます。そして、それだけではローションが乾いてしまいますので、ローンが乾くか乾かないうちに、その上に保湿クリームを塗ってあげるのがさらに保湿効果を高めますので、ダブルの力で保湿してあげましょう。あと、身体です。身体は入浴後の乾燥した肌に潤いを与えてあげましょう。これは全身用のボディクリームなどを塗ってあげて保湿性しましょう。そして、外出時には全身使えるクリームや唇用のリップクリームを持ち歩きましょう。冬場の乾燥した空気から肌を守るべく、常に塗ってあげるようにすれば乾燥は防げます。