生活

初詣はいつまで?

初詣とは

初詣とは、一年の初めにお寺や神社にお参りに行くことをいいます。もともとは平安時代に行われていた「年籠り」という行事が起源とされていて、一家の家長が年末から年始にかけて神社にこもり、年神さまを迎えていました。それが、時代とともに大晦日に参拝する「除夜詣」と、元旦の朝のに参拝する「元旦詣」に分かれていきました。この「元旦詣」が、現在にもつづく初詣の由来となります。江戸時代末期頃には、その年の縁起の良い方角(恵方)にある神社や寺社にお参りに行くスタイルでしたが、現代の初詣は恵方は関係なく、自分の近くまたは有名なの神社やお寺にお参りに行く人が多いです。ちなみに、日本はもともと神道も仏教もみんなひっくるめてありがたく信仰してきた宗教観なので、初詣は神社でもお寺でも好きな方に行って大丈夫です。

初詣はいつまでに行くの?

初詣はいつまでに行けばいいか。これには諸説あり、「三が日のうちにい行く」「松の内(一月七日)まで」「一月中ならOK」などなど様々です。しかし、一年の初めのけじめとしていきたいという人は元旦に行く場合が多いですし、混雑を避けたい場合は三が日すぎがおすすめです。むしろ、注意が必要なのは行く時間です。基本的には参拝は午前中がいいですし、大晦日から元旦にかけては開いている神社・お寺は多いですが、元旦の夜は早めに社務所を閉めてしまう場合も多いです。また、日が暮れる時間は「陰」の時間とされています。せっかく年明け一番の縁起を担いでいく初詣なら、夕方以降は避け、日の出から日の入りまで、なるべくなら午前中にお参りをするのがいいと思います。最近見つけた初詣ナビは初詣の名所の口コミなどもあつので、混雑などの目安になるかもしれませんね。